漫画オオカミ少女と黒王子のネタバレと感想 第4話

◎オオカミ少女と黒王子のブルーレイ & DVDの発売日、レンタル開始日が決定!
 映画「オオカミ少女と黒王子」のDVD発売日、レンタル開始日はいつ?

※この記事はネタバレを含んでいますので、ご注意ください。

スポンサードリンク

マンガ 第4話のあらすじ

エリカたちの学校では夏休みがあけて、新学期が始まっていた。
久しぶりに同級生達と合うエリカだったが、恭也が学校に来ていなかった。
恭也と同じクラスのさんちゃんによると、風邪で学校を休んでいるらしい。
さんちゃんからのお願いで、エリカはプリントを届けに恭也の家に行く。

家に行くと恭也は風邪でフラフラだった。
hurahura
看病しようとするエリカだったが、恭也に憎まれ口をたたかれ、その日はおとなしく帰る。

翌日も恭也は学校を休んでいた。
プリントを届けるという理由を作って、恭也の家に押しかけたエリカ。
コンニチハ
恭也から相変わらずの憎まれ口を叩かれるが、この日は強引に看病をする。
恭也はウザいと思いながらも、エリカの世話になることに。

しかし、翌日も恭也は学校を休んでいた。
また看病をしに恭也の家に行くエリカ。
すると恭也はコンビニに出かけようとしていた。
「もう風邪は治った」と言い張る恭也だったが、エリカは強引に家の中に連れ戻す。
熱を測ると恭也の熱は本当に下がっていた。ホッと一安心するエリカ。
エリカ

そんなエリカをみて、恭也は「ありがとな」と言う。
恭也の口から出た言葉とは思えない言葉に驚くエリカ。
thankyou

普段は憎まれ口ばかりたたく恭也なので、「まだ熱があるんじゃない」と冗談まじりに、おでこに手を当てようとするエリカ。
しかし、エリカの腕を恭也がパシッと掴む。
passhi

風邪じゃなかえれば、看病する必要がないので、エリカは帰ることに。
帰る道中、エリカの胸はずっとドキドキしていた。

スポンサードリンク

マンガ 第4話の感想

とうとう来ましたね。オオカミ少女と黒王子の恋愛の予感が!
でも16巻まであるのに、ストーリーの展開早くない?っと思った皆さん。ご安心ください。
エリカと恭也が結ばれたあとでも、八田鮎子先生の手腕で最後まで楽しいストーリーが続きます。
むしろ、どんどん面白くなっていきますね、はい。

恭也くんがエリカに礼を言った時に、こんなことを言っていました。
「優しさを押し売りする女、死ぬほどキライ。私美しい心持ってますよ。だから好きになってください。そんな女ばっか寄ってきてイライラする。んな単純じゃねぇよって。人のことバカにしてんだろ、けっきょく」
kirai
「…けど、おまえは、他の女と違って、見返りとかみえすいた魂胆とかなかったから、ずっと気が楽だった。だからおまえには礼くらい言ってやってもいいかと思ったんだよ」
rei

恭也はじゃっかん、ひねくれているところがありますが、私達も人な人が出来た時は注意する必要があるかもしれませんね。
好きな人に好きだと伝えることは大切なだと思いますが、それが押し売りになっちゃうと逆に嫌われてしまいます。
恋愛が成就(じょうじゅ)するかどうかだけが、その人との関係でもありませんから、
実らなかったとしても不本意な形で嫌われるのは避けたいですよね。
人にアプローチするときは、恭也の言葉を心に留めておきたいと思いました(*^^*)

 

マンガ「オオカミ少女と黒王子」は無料で試し読みすることが出来ます。
試し読みの方法はコチラから!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ