漫画オオカミ少女と黒王子のネタバレと感想 第20話

◎オオカミ少女と黒王子のブルーレイ & DVDの発売日、レンタル開始日が決定!
 映画「オオカミ少女と黒王子」のDVD発売日、レンタル開始日はいつ?

※この記事はネタバレを含んでいますので、ご注意ください。

スポンサードリンク

マンガ 第20話のあらすじ

エリカは恭也の母親と姉が住んでいる神戸にやってきた。
恭也の母親はどんな人だろうと緊張するエリカ。

恭也の母とても綺麗で上品でキラキラしている人だった。
オオカミ少女と黒王子1
しかし、お酒を飲むと関西のおばちゃんのノリで、同級生のように話しかけてくる恭也の母。
そんな母の姿を見て、エリカは恭也の母もごくふつーの母親だと思った。
4人はお寿司をとり、一緒に食事をとる。

恭也の彼女と話ができて嬉しい母は酔いつぶれて寝てしまう。
エリカは恭也の姉と後片付けをする。
そこで、エリカは恭也と恭也の母の関係について、聞かされる。
恭也が小さいころに、恭也の父と母がケンカで別居することになった。
幼い恭也はショックだったが、怒ったり泣いたりもせず、ただただその事実を受け入れていた。
オオカミ少女と黒王子4
そのせいで恭也は恋愛に不信感を抱くようになり、母はそのことにずっと責任に感じていた。
だから、恭也の姉はエリカを母のところに連れてくることによって、
母の責任を少しでも軽くしようと考えていた。

また、「母親の役目を放棄したのだから、憎まれても心が離れてもそれは仕方がない」と
口では言いつつも、どこかさみしそうだということも教えてくれた。
エリカはお風呂から上がって、恭也の部屋に来ていた。
恭也の様子を見ていると、恭也も母と仲直りがしたいんじゃないかと思ったエリカ。
また一緒に神戸に来ようよ!とお願いする。
オオカミ少女と黒王子2 いらんことを吹きこまれたなと感づきつつも、恭也は悪い気はしなかった。

恭也が水を飲みに冷蔵庫に行くと、酔いつぶれた母がきた。
水道水を飲もうとする母にミネラルウォーターを手渡す恭也。
2人はベランダで風邪にあたりながら、少し話をする。
エリカや父のことについて話した後、明日は仕事なので、もう寝ると言う母。

「来てくれてありがとうね。東京戻っても元気でやってね」
恭也
「今度からはもうちょっとマメに来るよ」
オオカミ少女と黒王子3

マンガ 第20話の感想

スポンサードリンク

恭也の母親むちゃくちゃ綺麗で若いですね。一体、何歳なのでしょう?
恭也を二十歳の頃に産んだとして計算すると37歳です。
顔に小じわはありつつも、むちゃくちゃ美人です。

「今度からはもうちょっとマメに来るよ」
と恭也に言われた時の、母の顔がたまらなく切なかったです。
やっぱり、いくら離れていても母親は子供のことが好きだし、気になるものなんですね。
私もたまには親孝行しなきゃです。。。
オオカミ少女と黒王子5 そんな真面目な恭也の発言に、関西のノリで応える母はさすがです!笑

 

マンガ「オオカミ少女と黒王子」は無料で試し読みすることが出来ます。
試し読みの方法はコチラから!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ