漫画オオカミ少女と黒王子のネタバレと感想 第26話

◎オオカミ少女と黒王子のブルーレイ & DVDの発売日、レンタル開始日が決定!
 映画「オオカミ少女と黒王子」のDVD発売日、レンタル開始日はいつ?

※この記事はネタバレを含んでいますので、ご注意ください。

スポンサードリンク

マンガ 第26話のあらすじ

レナちゃんに恭也を奪うと宣言された後、今度はエリカがレナちゃんを公園に呼び出す。
エリカは恋敵として、正々堂々と受けて立つと宣言する。
オオカミ少女と黒王子1

恭也とエリカはいつも通り、レナちゃんに勉強を教えるためにレナちゃんの家に行く。
歴史の勉強と理由をつけて、レナちゃんは恭也に歴史博物館に連れて行って欲しいとお願いする。
歴史に興味があった恭也は承諾する。
エリカも強引に一緒に付いて行くことに。

歴史博物館でエリカが席を外している間に、必死にアピールするレナちゃん。
しかし、恭也はレナちゃんに全く関心が無い。
レナちゃんはなれないハイヒールを履いていたため靴ずれになる。
こんなもん背伸びして履くな、という恭也。
レナちゃん
「背伸びして何が悪いのよ」
「どうしても欲しいものがあるんだもん。そのために、ちょっとくらい無理するのはカッコ悪いことじゃないじゃん」
「がんばるな、みたいなこと言わないでよ。せんせーのくせに」
オオカミ少女と黒王子

レナちゃんを送り届けて、恭也とエリカは二人で帰る。
「おまえがヘンだったのはこれか」と言う恭也。
恭也はレナちゃんが好意を抱いていることに気がついた。
どうするの?と聞くエリカ。
恭也はレナちゃんに全く興味が無いという。

別の日、レナちゃんが話があると言って、エリカの家にきた。
レナちゃんは恭也が全く自分に興味が無いことに気がついていた。
なので、女として意識してもらうために恭也に告白すると宣言する。

スポンサードリンク

マンガ 第26話の感想

仲良しの人が同じ人を好きになると、もうドロドロというか、良い関係は絶対に保てないんだろうなーと思うんですが、
エリカとレナちゃんは(今のところは)上手くやれてるようですね。
でも、それはエリカに余裕があるからなのかな~とも思ってしまいます。
(だって本当に取られそうになったら、相手の事なんて気にかけてられないですもんね)

前回に引き続き、恭也きゅんの名セリフがありましたね。
歴史博物館からの帰り道、恭也がレナちゃんに興味がないと言って、エリカが少しさみしそうな顔をしたときのセリフ。
「どうしようもできないのに、中途半端な同情なんかされてもメーワクなだけだ」
オオカミ少女と黒王子2
さすが、恭也きゅん!笑
かっこいいだけじゃなく、確信をついた一言だと思います!
中途半端に手助けしても、面白がっているだけだと思われたら、二人の間までおかしくなってしまいますからね。
ときにはあきらめも肝心です!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

・マンガ「オオカミ少女と黒王子」は無料で試し読みすることが出来ます。
試し読みの方法はコチラからどうぞ!
マンガ「オオカミ少女と黒王子」を無料で試し読みする方法

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ