漫画オオカミ少女と黒王子のネタバレと感想 第27話

◎オオカミ少女と黒王子のブルーレイ & DVDの発売日、レンタル開始日が決定!
 映画「オオカミ少女と黒王子」のDVD発売日、レンタル開始日はいつ?

※この記事はネタバレを含んでいますので、ご注意ください。

スポンサードリンク

マンガ 第27話のあらすじ

レナちゃんは恭也をファミレスに呼び出す。
そこで、恭也のことが好きになったと告白をする。
恭也は、俺はお前のことなんとも思っていない、とあっさりとふるが、
レナちゃんは、今は無理でも諦めない、と言って立ち去る。

別の日、レナちゃんは今度は恭也の家で待ち伏せる。
レナちゃんは料理や家事などをしてあげようと思っていた。
恭也は世話になる気はなく、うっとおしそうに追い払う。
それでも、引きさがらないレナちゃんは、してもいいよ、と言う。
さすがにキレた恭也は、2度と俺に姿を見せるなと言い、レナちゃんは泣きながら帰っていく。
オオカミ少女と黒王子1

その頃、エリカ、さんちゃん、神谷くんは3人でカラオケをしていた。
エリカが放心状態で、一人に出来そうにない。
そこへレナちゃんの母親からエリカに電話がかかってくる。
レナちゃんが家に帰っていないらしい。
必死であたりを探すエリカ。恭也に電話をするも、恭也も夕方に別れてから会っていないと言う。

しばらく探しているとレナちゃんは公園のベンチに座っていた。
レナちゃんはエリカを見ると、
「なんでエリカちゃんが見つけちゃうの、恭也くんは?」
と言い、泣いてしまう。

そこへ恭也が駆けつける。
「すぐそこに神谷と三田さんがいるから、もう探す必要ないって言ってやれ」
とエリカに言う。

二人になった恭也はレナちゃんに言う。
「おまえとどうこうなる気がないのは、おまえに興味ないとかどうでもいいとかそういう問題じゃない」
「俺があいつを話す気がないからだ」
オオカミ少女と黒王子2

エリカから電話をもらったレナちゃんの母親が駆けつけてくる。
レナちゃんは、恭也くんのことをあきらめる、と言う。
「言っとくけど、今は!だからねっ」
オオカミ少女と黒王子3

マンガ 第27話の感想

スポンサードリンク

もはやエリカにとって、黒王子からただの王子に成り下がった恭也くん。笑
マンガのタイトルを変えなくてはなりませんね。
(「ふつーの少女とふつーの王子」くらいかなwww)

やはり恋は敵がいてこそ、燃えるものなのですかね!?
よく不倫は燃えるなんて、テレビとかで言ってたりしますが、あれと同じでしょうか?
(同じにしたら恭也とエリカに失礼か…)

当事者にとってはずっと平和が幸せ、って思うかもしれませんが、
ずっと幸せだと相手のありがたみとか、自分の本当の気持ちとかに気づかないこととかもあるじゃないですか。
いわゆる平和ボケですね。

なので、ずっと平和でいるよりも、たまにはちょっとした事件があったほうが
恋は長続きするものかもしれませんね(*^^*)
かと言って、つらい事件が起きるのはゴメンですけど…
最後までお読みいただき、ありがとうございます!

・マンガ「オオカミ少女と黒王子」は無料で試し読みすることが出来ます。
試し読みの方法はコチラからどうぞ!
マンガ「オオカミ少女と黒王子」を無料で試し読みする方法

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ