漫画オオカミ少女と黒王子のネタバレと感想 第43話

◎オオカミ少女と黒王子のブルーレイ & DVDの発売日、レンタル開始日が決定!
 映画「オオカミ少女と黒王子」のDVD発売日、レンタル開始日はいつ?

※この記事はネタバレを含んでいますので、ご注意ください。

スポンサードリンク

マンガ 第43話のあらすじ

恭也はエリカに会いにバイト先にきていた。
しかし、バイト先にエリカがいる様子はない。
バイト先の人によると、バイトは休みらしいが、
さっきテラぽんと公園に行ったことを聞く。

河西さんから、エリカがバイト先の男に言い寄られていると聞かされて、
心配になった恭也はエリカを探しに行く。

オオカミ少女と黒王子2

テラぽんに叩かれたエリカ。
テラぽんも自分のやってしまったことに、はっとしすぐにエリカに謝る。
でもどうしてもエリカに自分の考えをわかってほしいテラぽん。
叩いてしまったエリカの頬をぬれたハンカチで冷やしながら、
「あいつに洗脳されてんだよ。言ったろ?このままじゃ不幸になるの目に見えてるって」
オオカミ少女と黒王子3

「恐い」と思ったエリカ。
でもテラぽんに勘違いさせるようなことをしたのは自分。
なんとか勇気を振り絞って、テラぽんを説得する。
「不幸なんて思ったことないよ」
「腹もたつし、悲しい時もあるよ。でもそれで泣いたり悩んだりするのって」
「確かにしんどいけど不幸じゃない」
「それほど相手を真剣に想えるってことだもん。そういう人がいて幸せだよ」

テラぽんは「ホント馬鹿だな。思い込みなんだよ、好きなんて!!」と言いながら、またエリカを叩こうとする。
エリカも負けていない。
「いいよ叩けば。テラぽんの気の済むまで!けどあたしの気持ちは変わらないから!!」
叩かれると思ったその時、

オオカミ少女と黒王子4

エリカを見る恭也。
エリカの左頬はテラぽんに叩かれて赤くなっていた。
恭也はテラぽんを一発殴る。

「おいてめぇ、二度とエリカに近づくんじゃねぇ」
「エリカは俺のなんだよ」
「エリカの意思は関係ねぇ。欲しいなら俺に許可をとれ」

エリカはとっさに恭也のところに駆け寄る。
オオカミ少女と黒王子5

さすがのテラぽんも、その姿を見てエリカのことを諦めた。
帰り道、エリカは恭也に叱られてしまう。
「どうしてそう、隙だらけなんだよ、いつもいつも」
「エリカ、もうほかの男にいっさい気を許すんじゃねぇ」

「・・・で、他はもう何も隠していないだろうな?」
ドキッとするエリカ。
「・・・キ・・・キスされちゃいました」
「くっ口にじゃないよ!?ちょっとホッペにチュッてされただけで・・・」

怒りがおさまらない恭也。
怒りをぶつけることにしたと言いながら、
エリカをの手をぐいっと引っ張って、部屋についていこうとする。

どういうことか理解したエリカ。
「待って!!あたし今日・・・」
オオカミ少女と黒王子6
エリカは女の子の日だった。

スポンサードリンク

マンガ 第43話の感想

この第43話と第42話は、ほんと「略奪愛・アブない女」を見ているかのような気分でしたよ。怖かった~。
今回のテラぽんにしても、以前のさんちゃんに付きまとわった男にしてもそうなのですが、
フツーの人が突然、ストーカーに豹変するとはよく聞く話です。
決して、ひとごと、絵空事ではないな~と思いながら読んでいました。

これを読んでくれている読者さんも気をつけてくださいね。
ストーカーはあなたのそばにいるかもしれない!( ー`дー´)笑

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!
・マンガ「オオカミ少女と黒王子」は無料で試し読みすることが出来ます。
試し読みの方法はコチラからどうぞ!
マンガ「オオカミ少女と黒王子」を無料で試し読みする方法

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ