漫画オオカミ少女と黒王子のネタバレと感想 第53話

◎オオカミ少女と黒王子のブルーレイ & DVDの発売日、レンタル開始日が決定!
 映画「オオカミ少女と黒王子」のDVD発売日、レンタル開始日はいつ?

※この記事はネタバレを含んでいますので、ご注意ください。

スポンサードリンク

マンガ 第53話のあらすじ

「恭也くん、今なんて・・・」
エリカは恭也が言った言葉が信じられなかった。
恭也はエリカが京都に行くなら、別れると言う。
「おまえのやりたいことなんて俺には関係ねぇ」
「てめーの都合で振り回されんのはごめんなんだよ」

次の日、エリカは午後の授業をサボり、屋上でひとり、考えていた。
エリカのとなりにさんちゃんがくる。元気がないエリカを心配して、さんちゃんも授業をサボっていた。
エリカはさんちゃんに短大に行くことにしたことを言う。
「やりたいことはいくらでも探せばいいけど、恭也くんはたった一人しかいないからね!」
さんちゃんは、エリカがガラスを楽しそうに勉強していたので信じられなかった。

恭也は家で受験勉強をしている。
しかし、エリカのことが気になって、勉強に集中できない。

ピンポーン!

エリカと思ったが、さんちゃんだった。
先に謝っとくね、と言いながらビンタをするさんちゃん。
オオカミ少女と黒王子1
「なんて情けない男なの、あなたは!」
「佐田くんの繋ぎとめ方は間違っているよ」
「最近のエリカ、本当に幸せそうだったよ。自分には今まで何もなかったから頑張れることができて嬉しいって」

恭也もエリカが楽しそうにガラスの勉強をしていたのは分かっていた。

「もしふたりがずっと離れない方法があるなら、分けあっていくことだとあたしは思う」
「エリカの喜びとか痛みとか・・・もうあの子だけのものじゃないはずだよ?」

 

エリカは進路調査票の提出が遅れていた。
先生から今日中に提出するように言われる。
エリカは都内の短大に行くことを決めていた。

大丈夫、絶対後悔しない
恭也くんもいる
サークルも入ってみたい
オオカミ少女と黒王子2
進路調査票に短大志望と書こうとするエリカ。
恭也にパッと腕をつかまれる。

「行けよ、京都」
「絶対、離したりしねぇから」

スポンサードリンク

マンガ 第53話の感想

第53話は涙なくして見れませんでした。
さんちゃんの恭也への説教、恭也の「いけよ、京都」というセリフ。
何度読んでも、涙がにじんできます。
というより、読む度に涙の量が多くなります。笑
(一回しか読んでない人は、3~4回、読みなおしてみて!)

あと、エリカがガラス工芸を諦めて、進路調査票に短大を書こうとするところも切ないです。
涙を浮かべながら、大丈夫大丈夫って自分に言い聞かせているようでした。。。

でもさんちゃんの超ウルトラスーパーファインプレーで危機を逃れましたね(*^^*)
ありがとう、さんちゃん!

ようやくエリカも進路が決まったので、あとは受験に向かって勉強するのみ!
あれ!?むしろ大変なのは勉強のほうなのかな・・・笑

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!
・マンガ「オオカミ少女と黒王子」は無料で試し読みすることが出来ます。
試し読みの方法はコチラからどうぞ!
マンガ「オオカミ少女と黒王子」を無料で試し読みする方法

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ