高台家の人々 あらすじネタバレと感想 第14章

◎オオカミ少女と黒王子のブルーレイ & DVDの発売日、レンタル開始日が決定!
 映画「オオカミ少女と黒王子」のDVD発売日、レンタル開始日はいつ?

※この記事はネタバレを含んでいますので、ご注意ください。

スポンサードリンク

高台家の人々第14話のあらすじ

※水色の文字は木絵の空想です。
光正の母と木絵は高級和風料亭に来ている。
母は木絵に「光正との結婚はあきらめなさい」と伝える。

高台家は由緒ある古い家柄。その長男の妻となれば、様々なたしなみが必要なのだ。
お茶やお花、それから日本舞踊にお太鼓。

また、光正の祖母(アン)はイギリス伯爵家の一人娘なので、イギリスの上流社会でのお付き合いもある。
綺麗なイギリス英語を話せなくてはならないし、社交ダンスやテニスもする必要があった。

それらのことを考えると、どうみても木絵は光正の嫁には相応しくない人だった。

木絵は家に帰り、一人で泣き崩れていた。
ダメだ…あきらめるしかない。
私みたいな下々の女が光正さんと結婚したら、きっと上流社会で笑いものになって、光正さんに恥をかかせてしまう。
こんな悲しい時は、もっとずっと悲しくて悲惨な想像をして乗り越えよう、と木絵は空想をはじめる

高台家の人々1
昨日、ビョーンが死にました。
生きている間、いいことなんかひとつもなかった。
死んだ後で悲しむ者もひとりもいませんでした。
一生、彼女がいなかったビョーン。
一度でいいからおなかいっぱい食べたかったビョーン。
かわいそうなひとりぼっちのビョーン。

木絵はビョーンのことを空想し、余計に涙が溢れてきた。

翌日、光正が出張先の中国から会社に戻ると、木絵が仕事を休んでいた。
光正は木絵に電話をする。
光正が「これからそっちに行くよ」というが、木絵は「来ちゃダメ」という。

「わ…私、もう光正さんとは会わない…」
「どう考えても私には無理だから…、あなたのそばにはいられない」
「今まで…ありがとう、光正さん…さよなら」

そう言って、電話を切られてしまう。
何も事情を知らない光正。
光正は生まれて初めてなんかフラれた。
高台家の人々

 

高台家の人々第14話の感想

スポンサードリンク

ビョーンがかわいそうすぎます!笑
あんなにひょうきんな顔をしているのに、なんてかわいそうな人生なのでしょう。
というか生態が不明です!笑
カンガルーなのかな…?

このビョーンは次回も登場するので、お楽しみに!
(ワンショットだけだけど…笑)

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ